忍者ブログ

美白「なりたい美肌」が見えてきた

一言で「肌がきれい」といっても、その価値観や基準は年々変化しています。 洗顔や化粧品の使い方など毎日できる美白方法、 乾燥肌・敏感肌・脂性肌などの肌質に合わせた美白化粧品の選び方、美白につながる肌質別保湿ケア、タイプ別シミ対策などのお役立ち情報が満載です。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ヒアルロン酸の優秀さと弱点

ヒアルロン酸の優秀さと弱点


もともとニワトリのトサカから抽出され、
高価なものとされていたヒアルロン酸ですが、

今はバイオの技術で安く生産できるようになり、ハンドクリームや
ヘアケア製品にまで配合させれるようになりました

(天然のものでも合成品でも、ヒアルロン酸
そのものの効能は変わりありません)。
 
ヒアルロン酸は、化粧水として肌に使った場合、
肌表面の保湿としては非常にすぐれており、
乾いた空気の中でも水分を逃しません。

セラミドよりはかなり安価ですし、敏感肌の人でも使えますから、
日常使いの保湿成分としてはとてもよいものです。

とくに30代くらいまでの人の場合は、
肌の油分よりも水分を増やすようにするべきですから、
乳液などよりも、ヒアルロン酸配合のノンオイル(もしくは油分少なめ)の
美容液を使う方がよいでしょう。

 ただし、ヒアルロン酸の欠点は、
あまりたくさん使うと肌が「ぺたッとした」感じになるということです。

水分が多いので、夏場の湿気の多い時のように
肌が湿った感じにんり、うるおってなめらかになったというよりは、
ペッタリとはりつく感じになります。

化粧ののりも悪くなることがあります。
 
これは、ヒアルロン酸が、もともと角質内には存在しないものだからといえ
るでしょう。

真皮にはありますが、表面の角質にはないものですので、
角質へのなじみがよくないのです。
 
もともと角質にあるセラミド天然因子のほうが、
どうしてもなじみはよいように感じられます。
 
ただしヒアルロン酸はすぐれた水分維持能力をもっていますから、
保湿成分にはなくてはならないものです。

要するに、どんな保湿成分でも一長一短なのですから、
いろいろのものをとりあわせ、

長所短所をうまくカバーしあうように絶妙にブレンドされたものが、
すぐれた化粧水なのです。
 
※化粧水に含まれるヒアルロン酸は、
真皮まで浸透することはないので、
加齢で減ったヒアルロン酸を増やす作用はありません。


セラミド詳細は?
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
souljahz
年齢:
45
性別:
非公開
誕生日:
1971/12/22
職業:
会社員
趣味:
ジャワイアン音楽鑑賞
自己紹介:
美白化粧品を中心に美白・美肌になる為の豆知識やテクニックを紹介しております。「基礎知識が参考になれば」と思っております!
30代からの美肌を手に入れる!http://rakumoney17.com/ で公開中

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

忍者アド

Copyright ©  -- 美白「なりたい美肌」が見えてきた --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ
光ファイバー人気ランキング